補綴診療
ホームごあいさつ院内ガイド治療についてスタッフ紹介ご案内

補綴について当院の義歯制作入れ歯治療例ブリッジ症例インプラント症例メインテナンス

 
  総入れ歯症例

bar
FD
FD
TitaniumFD
TitaniumFD
FD
FD
FD
FD
FD
FD
FD
FD



 

  

bar

義歯製作は主にチタンによるワンピースキャスト(バネ、フレーム一体型)製法で行います。これによりたわみがなく、歯周病でぐらついた歯もギプスのように 固定してしっかりと噛むことが出来ます。設計は歯の汚れを極力回避する衛生的なスカンジナビア式で行っています。患者さんのお口の状態に合わせたオーダー メード義歯となります。

チタン床義歯
薄く、軽くしかも強度の高いチタンは部分入れ歯に最適。歯を守るギプス効果はレジン(プラスチック)性の入れ歯とは一線を画します。

アタッチメント(ミリング処理)
土台の歯のかぶせもの(冠)から入れ歯用に調整されたもの。バネがぴったりフィットし、ギプス効果がさらに向上します。

アタッチメント(ミリング処理)
アタッチメント(ミリング処理)
アタッチメント(ミリング処理)
アタッチメント(ミリング処理)
アタッチメント(ミリング処理)
アタッチメント(ミリング処理)
アタッチメント(ミリング処理)



磁性アタッチメント
歯の根っこ(歯根)だけを残して、磁石の力で入れ歯を支える治療法です。

磁石の力で入れ歯を支える治療法です
磁石の力で入れ歯を支える治療法です



コーヌスクローネ
土台となる歯のかぶせもの(外冠)が入れ歯と一体化しているタイプ。
歯に対する影響力、見た目、全てにおいて部分入れ歯の王様です。

内 冠
基本的に外冠の金属と同じものとなります。
内冠 入れ歯を外すと土台の金属が見える
内冠 入れ歯を外すと土台の金属が見える


外 冠
金属冠または前装冠から選択します。
外冠 冠と入れ歯が一体化
外冠 冠と入れ歯が一体化


義歯部分
レジン床、金属床から選択します。
入れ歯に入れると自然でコンパクトにできる
入れ歯に入れると自然でコンパクトにできる



 

  チタン部分入れ歯症例

bar

古い入れ歯のときの口の中 
新しい入れ歯では見た目も自然


上が古い義歯、下が新義歯


アタッチメント(ミリング処理)
残っている歯は歯周病でグラグラしているものの、専門的なオーダーメードな設計でギプスのように固定されます。表も裏も掃除しやすく、また、汚れもたまりづらいといった歯周病のケースに、また、予防に効果的です。

 

 
くろさわ歯科医院 019-621-1181 岩手県盛岡市本町通2-3-11